• ホーム
  • ED治療で悪戦苦闘している方は駄目元でアバナフィルを

ED治療で悪戦苦闘している方は駄目元でアバナフィルを

ED治療は自分に合った方法で行わないと効果が出ません。
自己流の治療法の多くは、原因とミスマッチであることが多いのです。
心因性の症状であることに気づかず、必死に精力剤を飲んでも治らないのです。
確実なる治療法は、ED治療の専門クリニックで診断を受けて、適切な治療法の指導を受けることです。
運動療法は筋肉を強化することで、EDを軽減させることが可能ですが、体重が重すぎる方は無理な運動は行えません。
ジョギングはランニングをして足腰を傷める方の場合は、ウォーキングやノルディックウォーキングのほうがいいでしょう。
水泳は大量のカロリー消費が望めますし、足腰への負荷が軽いので肥満の方にも最適な運動です。
無理な運動をする必要はありませんが、運動不足はEDを招くので適度の運動は行うべきでしょう。

ED治療の効果が出なくて悪戦苦闘している方は、駄目元でアバナフィルを試してみるのもいいです。
アバナフィルは第四のED治療薬であり、日本では販売されていません。
個人輸入で入手するしか方法がないので、クリニックで処方は受けられません。
アバナフィルの特徴は即効性であり、SEXの30分前に服用すればいいのです。
今までのED治療薬はSEXの1時間前、または3時間前だったので、いかにアバナフィルの即効性が高いかわかります。
さらに食事の影響を非常に受けにくく、食後に服用してもしっかりと効いてくれるのです。
パートナーとのデートの都合上、食後にED治療薬を服用するべき状況もありえるでしょう。
そんなときは、即効性が早くて食事の影響を受けにくいアバナフィルが最適なのです。
服用に際してはED治療の専門クリニックに相談するのが好ましいですが、個人輸入なので最終的には自己判断で決めることになります。

関連記事
こすれる快感に勝てない方はアバナフィルを試そう 2020年01月16日

亀頭が敏感すぎる方だと、こすれる快感に勝てないため、すぐに射精してしまいます。早漏はデリケートな問題なので、パートナーも指摘してくれることは少ないですが、実際には不満を感じているかもしれません。射精まで5分~10分以上の男性は早漏には該当しませんが、女性側が絶頂を迎えるタイミングを比べると短いのです...

アバナフィルによる血液濃度変化と健康障害 2019年11月12日

アバナフィルは、日本ではまだ厚生労働省の製造販売承認を得ていませんが、アメリカにおいてはFDAの承認を受けている勃起不全症(ED)の治療薬です。ステンドラという商品名で製造販売されています。日本において勃起不全症治療薬として厚生労働省の製造販売承認を得ているのは、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種...

薬の特許について 2019年10月13日

薬の特許は基本的には他の発明品と同じで、特許出願から20年の独占販売を可能とするものです。ただし場合によっては最大5年間の延長が認められることがあります。これは薬という商品は、開発から発売まで時間がかかるからです。特許は新薬の成分が完成した時点で出願されるのですが、この時点では安全性に関わる試験が行...

なぜ新薬の開発にはお金がかかるのか? 2019年09月13日

アバナフィルは2012年にアメリカで認可された比較的新しい薬ですが、もうジェネリックが出てしまいました(アバナフィルは成分名かつジェネリックの薬名、純正薬の名前はステンドラと言います。ややこしいですね)。たぶん製薬会社はこれに頭を抱えているでしょう。新薬の開発には最低でも数十億円というとんでもないお...

ED治療薬アバナフィルの価格 2019年08月25日

インポテンツで悩む人にとっては新しい治療薬にはとても興味関心があります。昔はインポテンツの治療薬と言えばバイアグラでしたが、今ではレビトラやシアリス、アバナフィルなど数多くのインポテンツ治療薬が開発されています。医学の発達とともに、前のくすりの短所を埋めるような形で次から次へと製薬会社が開発していき...