• ホーム
  • アバナフィルの即効性と副作用とは

アバナフィルの即効性と副作用とは

笑顔の男性

アバナフィルはEDでお悩みの男性に向けて作られた新しい世代の薬効成分です。
正規品は先進国で出回っていますが、ジェネリック製造に強いインドの技術により、コスト面でもより扱いやすいタイプの薬が注目を浴びているところです。

これまでのEDの薬というと、耳に馴染んでいる名はバイアグラでしょうか。
時代が進むにつれ、吸収率の高い「レビトラ」、時間的に持ちのよい「シアリス」などが多く用いられてきました。
アバナフィル成分の「ステンドラ」はさらに改良されて、服薬時に食事の内容に効果を左右されないという大きなメリットを持つことが特長です。

元来これらの薬は、空腹時に服用しないと効果が減ると言われてきました。
アバナフィル製品はこの制限を取り去り、食事をして血液内の酵素や脂肪バランスに変動があっても効果にはあまり影響ないとされ、他の薬よりも全体的に即効性が認められるという利点があります。
これは個人差がありますので、一度は手にとってみて、服用してみてお体との相性を試してみるとよいでしょう。
ご家庭でふだん使う時や、ご旅行や出先であまり時間に余裕がない時など、ケースごとに特徴を活かして使い分けをすることもできます。

心配な副作用も、従来の薬では血管内へ負担がかかりますので、血圧の変動や動悸、血管の拡張による鼻づまりやほてり、頭痛やめまいなどが生じていましたが、アバナフィル成分のものは大幅に改善されています。
試される場合はアバナフィル成分の「ステンドラ」を処方してもらうか、またはそのジェネリック薬「アバナ」をインドから個人輸入することが可能です。
効果を上げるためにはやはり空腹時にも試してみたり、副作用が減っているとはいってももちろん個人個人の体調との相談ですので、分量などはきちんと守って、使いやすいポイントを見つけていきましょう。

関連記事
薬の特許について 2019年10月13日

薬の特許は基本的には他の発明品と同じで、特許出願から20年の独占販売を可能とするものです。ただし場合によっては最大5年間の延長が認められることがあります。これは薬という商品は、開発から発売まで時間がかかるからです。特許は新薬の成分が完成した時点で出願されるのですが、この時点では安全性に関わる試験が行...

なぜ新薬の開発にはお金がかかるのか? 2019年09月13日

アバナフィルは2012年にアメリカで認可された比較的新しい薬ですが、もうジェネリックが出てしまいました(アバナフィルは成分名かつジェネリックの薬名、純正薬の名前はステンドラと言います。ややこしいですね)。たぶん製薬会社はこれに頭を抱えているでしょう。新薬の開発には最低でも数十億円というとんでもないお...

ED治療薬アバナフィルの価格 2019年08月25日

インポテンツで悩む人にとっては新しい治療薬にはとても興味関心があります。昔はインポテンツの治療薬と言えばバイアグラでしたが、今ではレビトラやシアリス、アバナフィルなど数多くのインポテンツ治療薬が開発されています。医学の発達とともに、前のくすりの短所を埋めるような形で次から次へと製薬会社が開発していき...